ニキビ頬 大人の治し方は?生理前にできる原因とケアの方法

おすすめニキビケア

◆ニキビ跡にはこれ→人気女性ファッション誌でニキビケア1位を獲得!

◆あご・フェイスラインのニキビ撃退→美肌作用・エイジングケアまでこれ一本で!

◆背中ニキビを治したい→芸能人も愛用のニキビケア


頬にニキビができると化粧のノリが悪いし、鏡を見ると憂うつになりませんか。

Tゾーンに比べて頬は皮脂分泌が少ないですが、どうしてニキビができてしまうのでしょうか。

また大人の頬にできるニキビは、どのように治したらいいのでしょうか。

頬にできるニキビの原因には、ホルモン、食事、ストレスなどさまざまあります。

生理前になると女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増えます。

プロゲステロンには皮脂分泌を活発にしたり、角質を厚くする作用があります。

たまった角質で毛穴の出口がふさがれ、その状態で皮脂分泌が活発になり、生理前はニキビはできやすい状態です。

皮脂分泌を活発にするような食事もニキビの原因です。

ストレスは女性ホルモンのバランスを乱します。

ストレスを感じるとコルチゾールというホルモンが分泌されますが、このホルモンも皮脂分泌を活発にします。

まずは食事の見直しをしましょう。

食事のバランスが崩れていると、ホルモンのバランスも崩れてしまいます。

油っぽいもの、甘いものは皮脂分泌を活発にする食べものです。

揚げ物、肉類、チョコレート、ケーキといったようなものは、頬にニキビをできやすくします。

チョコレートやケーキなどの洋菓子は、脂肪分と糖分を多く含んでいるので注意が必要な食品です。

生理前は甘いものを食べたくなりますが、お菓子は控えるようにしましょう。

甘いものが食べたいときは、果物やドライフルーツがおすすめです。

ビタミンやミネラルを含んでおり、栄養素がニキビの治りを助けます。

野菜中心、タンパク質を魚や大豆から摂取する食生活が頬のニキビの改善につながります。

女性ホルモンの分泌の低下はストレスの影響が大きいので、ストレス対策も重要です。

仕事、人間関係、大気汚染など現代には多くのストレスになるものがあふれていますが、その日のうちに上手にストレスを解消しましょう。

食べものでストレスを解消しようとすると、脂肪分や糖分の過剰摂取につながりニキビを悪化させるので、食べもの以外でストレスを解消してください。

カラオケ、アロマ、読書、入浴など好きなことをしましょう。

メイクで毛穴がふさがれた状態になるとニキビを悪化させるので、メイクをした日はきちんと落とします。

油分や合成界面活性剤を含んだ洗顔料は肌の負担になるので避けてください。

こするとバリア機能を低下させて乾燥を進行させるので、こすらないように優しく洗います。

過剰な洗顔は避け、洗顔は1日に2回までにします。


おすすめニキビケア

◆ニキビ跡にはこれ→人気女性ファッション誌でニキビケア1位を獲得!

◆あご・フェイスラインのニキビ撃退→美肌作用・エイジングケアまでこれ一本で!

◆背中ニキビを治したい→芸能人も愛用のニキビケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です