デコルテのにきびは食べ物が原因かも?食事の摂り方を変えてみよう

おすすめニキビケア

◆ニキビ跡にはこれ→人気女性ファッション誌でニキビケア1位を獲得!

◆あご・フェイスラインのニキビ撃退→美肌作用・エイジングケアまでこれ一本で!

◆背中ニキビを治したい→芸能人も愛用のニキビケア


デコルテに出来たにきびが治す方法を紹介します。

デコルテににきびが出来る理由は、牛肉や豚肉や鶏肉などのお肉や、卵やチーズや生クリームや牛乳などの乳製品、そしてショートニングやマーガリンが入っているお菓子やパンを食べるからだと言えます。

こういった脂身がたっぷりと付いているお肉や脂質の多い乳製品、自然な油では無い油を体内に入れると、体内に入れると脂が固まってしまうという説があります。

なのでデコルテはもちろん顔や背中にもにきびが出来やすくなってしまいます。

これらの動物性の食品に入っている脂質というのは、常温の状態で固まっています。

なので体内に入れると常温の状態と同じように、体の中で脂が固まってしまい高血圧になってしまうと言われています。

それからデコルテににきびが出来る理由はもうひとつあり、酸化した油が含まれている食品を食べるとデコルテににきびが出来やすくなってしまいます。

酸化した油が含まれている食品というのは、天ぷらやフライやスナック菓子などの揚げ物や、ケーキやクッキーなどの甘いお菓子などです。

こういった食品には加熱された油が多く含まれていますので、デコルテににきびが出来やすくなります。

そして顔や背中にもデコルテと同じようににきびが出来やすくなります。

なのでお肉類や卵や乳製品やショートニングやマーガリンが入っているお菓子、そして揚げ物やスナック菓子や甘いお菓子などをあまり食べないようにすると良いです。

お肉を食べる時は、牛肉や豚肉の場合はヒレ肉を選んで、鶏肉の場合は胸肉やささみ肉を選んだり、もも肉を食べる時は皮や脂身を取ってから調理すると良いです。

そしてチーズの代わりは豆乳から作ったチーズを、牛乳の代わりは豆乳やココナッツミルクを、生クリームは豆乳で作られた豆乳生クリームを選んで食べるようにします。

それから揚げ物は食材を焼いてから仕上げに加熱をしていない植物油をかけて食べるようにします。

甘いお菓子を作る時も、仕上げに加熱していない植物油をかけて食べるようにすると良いです。

市販の甘いお菓子やパンにはショートニングやマーガリンが入っているものがありますので、甘いお菓子を食べたい時は家で手作りして食べるようにしたほうが良いです。

こういった脂っぽい食べ物や酸化した油が含まれていない食べ物を食べないようにしていると、デコルテに出来たにきびは自然と無くなっていきます。

デコルテににきびが出来た時は、こういった食事制限がおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です